高年齢者雇用環境整備助成金

高年齢者雇用環境整備助成金のポイントです。すこし大変ですが、私どもがしっかりとお手伝いいたします。

業務要件 高年齢者がいきいきと働ける職場環境の改善など、業務要件は広範囲です。
支給要件 高齢法第8条および第9条を順守
60歳以上のの定年を定め、65歳以上の定年か継続雇用制度を定めていること。
雇用保険被保険者 1年以上継続雇用されている60歳以上の被保険者、週20時間以上のパートさんも対象です。
支給額 上限1,000万円。中小企業は支給対象経費の60%(生産性要件可75%)。対象者1人当たり28.5万円(生産性要件可36万円)を上限。
事例(製造業:対象者20名):LEDベースライト設備投資900万円の内、助成金675万円(少ない金額)、自己資金225万円。
申請方法 申請から助成金支給まで約12か月間程度
1:計画申請(3ヶ月間)2:計画認定 3:計画実施(1か月程度)4:確認機関(6か月間)5:支給申請(2か月間)
丁寧に申請方法を支援いたします。
高年齢対象者は相応の人数が必要です。ご相談ください。
実績 2013年度、全国における助成金支給額の約10%を当社が担当。今年度も4案件、申請手続き中。
具体的な案件 食品製造業:異物混入チェックの為にLEDベースライト導入により照度アップし負担軽減。
リネン業:シーツ等の洗濯レベルのチェックの為にLEDベースライト導入により照度アップし負担軽減及びクッションシート導入により疲れを軽減。新規機械の導入。
事務所:空調機の経年劣化による温度調整不備を空調機の入替により安定温度による職場環境の改善。
問合せ kuriki-k@cost-design.co.jp